FC2ブログ

ルーバーってなあに?

10月28日火曜日 文句なしの秋晴れ
今日は友引
今日は建築吉日「たいら」
今日は群馬県民の日

今日は、ナゾが1つ判明しました。

以前、工場に山積みになっていた
DSCN3798.jpg
ナゾのガラスの板!!!
DSCN4245.jpg
くるくる窓の羽だったんですねええ。
ええ、今日はその作業現場に遭遇することができたんです!
DSCN4238.jpg
まずは、ワクを組み立てます。
DSCN4240.jpg
ハネ(ガラス)をくっつけるのはここですね。
DSCN4241.jpg
ザラザラ面とツルツル面があります。
DSCN4242.jpg
コレを一枚ずつ、セットしていくんですねえ。
DSCN4243.jpg
ガラスを支える部分は樹脂製のようです。
DSCN4244.jpg
なるほどー、こーいう作業を経て
あのくるくる窓ができるんですね!

いや、ちゃんとした名称があるらしい。。。
「ガラスルーバー」
でも、この名称はトステムだけが使っている(らしい)といううわさ。

じゃ、ほかの会社はなんて呼んでんの?

じゃ、ルーバーってどーいう意味なの?
てなわけで、調べてみました。

ウィキペディアから引用
ルーバー(Louver)とは、
羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を平行に組んで板状にし、取り付けたもの。
羽板の取付角度によって、風・雨・光・埃・人の目線などを、
選択的に遮断したり透過したりすることができるため、さまざまな箇所で用いられる。

へぇ、そーなんですね。


そんじゃ、「ガラスルーバー」以外の呼び方って?

ジャロジーですってよ!「ジャロジー
あとは、ストレートに「ルーバー窓
へぇぇぇ、そーなんだねえ。
ずっと「くるくる窓」って呼んでました。
え?そんな呼び方するのは、私だけでしたかね?
くるくる回すと、窓が開くので、ついつい。。。

でも、この窓って、実はもろいそーです。
面格子とセットで取り付けたほうがよいみたいですね。
そのヘンはまた別の機会に調べてみましょう!




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント